ロボット手術

鳥取大学医学部産科婦人科学分野ではda Vinci X、Xi、Hugo、hinotoriの3企業、4機種を用いたロボット手術を行っています。複数、多機能な手術支援機器を用いることで、精度を最大限に高めた手術を行っています。

ロボット支援下手術とは?

手術は開腹手術が一般的ですが、近年、手術の低侵襲化がすすめられており、国内では腹腔鏡下手術が普及してきました。そして、2018年以降、多くの施設でロボット支援下手術の導入が行われつつありますが、まだまだ普及していないのが現状です。

ロボット支援下手術は開腹手術に比べて、手術時間は延長すると言われておりますが、当院では開腹手術や腹腔鏡下手術と遜色ない時間で実施出来ております(図1)。

さらに創部が小さいことにより、より早い術後回復が見込まれます。また術後の痛みが少なく、入院期間が通常よりも半分程度ですみます。我々の施設でも、積極的にロボットを用いた低侵襲手術を行っています。

そもそもロボット支援下手術とはどんな手術でしょうか。ロボットが勝手に手術をしてくれるというイメージをお持ちかもしれませんが、そうではなく、ヒトがロボットを操作してより精密な操作を行うことが出来る手術です(図2)。つまり、手振れ補正やカメラの固定化によって精度の高い技術で腹腔内の操作が可能となり、出血量を減らし、さらに術後の疼痛の軽減にもつながるというわけです。

図1 | 子宮体癌におけるロボット手術と腹腔鏡手術および開腹手術の比較
図2 | コンソールと呼ばれるコックピット

良性子宮疾患

当院では2010年より先進医療として子宮疾患に対するロボット手術を行ってきました。その後、保険診療として実施できるようになったのは2018年です。婦人科領域では腹腔鏡下手術の普及によって、ロボット支援下手術の普及は滞っておりましたが、近年、需要の高まりと新機種の開発により運用がより簡易的となったことなどから急速に普及してきました(図3)。

図3 | ロボット手術の歴史

子宮体癌

子宮体癌に対する手術療法は、2014年に腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術、次いで2018年にはロボット支援下手術が保険収載され、ロボット支援下手術は国内でも徐々に実施症例が増えています。NCCNガイドライン2018年版では早期子宮体癌に対するminimally invasive surgery(MIS)の一つとして積極的に推奨され、ロボット支援下手術は腹腔鏡下手術と同等の選択肢となっています。ロボット支援下手術は腹腔鏡下手術と比較して腹腔内での視野の拡大やカメラ操作を執刀医自身がコントロール出来ることなどの利点が指摘され、さらに骨盤内の血管周囲の処理のみならずリンパ節郭清や腟断端の縫合においても非常に有用とされています。
MISの社会的需要が高まっている中、子宮体癌におけるロボット支援下手術の腫瘍学的アウトカムが従来の開腹手術と同等であったと報告されていることも含め、ロボット支援下手術は、患者QOL(クオリティ・オブ・ライフ)に大きく寄与するMISとして実施すべき術式であると考えられます。現在のところ当院で実施した子宮体癌に対するロボット支援下手術の再発例はありません。

ロボット支援下手術症例の推移

ロボットによる手術は年々増加しております(図4)。特に、2019年9月に子宮体癌に対するロボット手術を導入した後からは急速に増加し、2023年8月現在で合計200例を超えるロボット支援下手術を実施してきました。また、これまで使用してきているda Vinci X、Xiに加えて、2023年3月よりMedtronic社のHugo RAS System、2023年7月より国産手術支援ロボットhinotoriを導入し、3社4機種の手術支援ロボットを用いて実施しています。この4機種を用いたロボット支援下手術は産婦人科分野において、鳥取大学産科婦人科学分野が世界初となります。

図4 | ロボット手術件数の推移(2023年8月まで)

現在ロボット支援下に実施している術式と適応疾患

保険診療でおこなえるもの
  • 良性子宮疾患(子宮筋腫)に対するロボット支援下子宮全摘出術
  • 子宮筋腫に対するロボット支援下子宮筋腫核出術
  • 早期子宮体癌に対するロボット支援下子宮悪性腫瘍手術
校費あるいは私費でおこなえるもの(臨床研究)
  • 子宮内膜症に対するロボット支援下子宮内膜症病巣除去術
  • 初期子宮頸癌(IA1期、IA2期)に対するロボット支援下子宮悪性腫瘍手術

ロボット支援下手術の Certificate について

ロボット支援下手術を行うためには資格が必要となります。当院では以下の医師が資格を保有しています。

Da Vinci
術者 Certificate 原田省、谷口文紀、佐藤慎也、小松宏彰、東幸弘、工藤明子
助手 Certificate 細川雅代、長田広樹、和田郁美、池淵愛、澤田真由美、
飯田祐基、大川雅世
日本婦人科ロボット手術学会 プロクター(良性・悪性)  小松宏彰
Hugo RAS system
術者 Certificate 原田省、小松宏彰
助手 Certificate 谷口文紀、小松宏彰、和田郁美
日本婦人科ロボット手術学会 プロクター(良性・悪性)  小松宏彰
hinotori
術者 Certificate 小松宏彰、東幸弘
助手 Certificate 澤田真由美、飯田祐基