保健学科看護学専攻

【卒業認定・学位授与の方針】(ディプロマ・ポリシー)

鳥取大学医学部保健学科看護学専攻では、その教育目標を踏まえ、学生が医学部保健学科看護学専攻の教育課程を修め所定の単位を修得して卒業要件を満たし、鳥取大学の学位授与の方針に加え、以下の能力や特性を身につけたときに学士(看護学)の学位を授与します。

1.看護職者の役割と責務を理解し、豊かなコミュニケーション能力を身につけ、倫理的に行動することができる。
2.看護の基礎となる人間と健康生活を理解し、人間、健康、環境、看護に関する専門的知識と技術の修得、さらに、あらゆる対象の健康生活のために科学的根拠に基づいて看護を実践する能力を有している。
3.対象者の利益のために保健・医療・福祉をはじめ種々の関係者と連携・協働し、調整する能力を有している。
4.看護学の発展のために、看護実践の中から課題を自律的に探求し、論理的・創造的に解決し続ける能力を有している。

 

【教育課程編成・実施の方針】(カリキュラム・ポリシー)

鳥取大学医学部保健学科看護学専攻は、学位授与の方針を実現できるように、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)教育課程・教育内容
1. 鳥取大学のグランドデザインの柱である現代的教養と人間力を身につけるために文化・社会・自然に関する幅広い科目を編成します。
2. 全人的医療人の基盤として、こころ・身体・社会の構造と機能について学習し、さらに、看護学の視点から生活者の健康について学習できるカリキュラムを展開します。
3. あらゆる対象の健康生活を科学的根拠に基づき支援するために、看護の対象、看護実践の場、健康にかかわる課題、看護実践の方法について学習を充実します。
4. 看護の本質を追究し続ける姿勢を身につけるために、看護の論理的追究および実践的追究の方法に関する学習を充実します。

(2)教育方法
1. 自ら学ぶ力を高め、学びを統合するために、対話型・参加型・実践型教育の展開に努めます。
2. 看護の対象となる人々が生活する地域・在宅、医療・福祉・教育施設等の多様な場において看護実践教育を行います。

(3)学修成果の評価
1. 学部の定める成績評価基準に基づき、学修成果の達成度を、知識、技能、態度について、試験、レポート、評価表等により厳格に評価します。
2. 学修成果の可視化に努め、教育課程を検証します。

【入学者の受入れ方針】(アドミッション・ポリシー)

医学部保健学科看護学専攻では、看護学の理論と技術を修得し、人間の尊厳を守り、地域特性に合わせた看護を実践できる看護職を志す、次のような人を広く受け入れます。

1.健康に関わる様々な問題について、深く広い関心のある人
2.看護学を学ぶために必要な基礎学力のある人
3.相手の言葉に耳を傾け、相手の立場を思いやることができ、自らも的確に表現する力のある人
4.問題解決のために柔軟な発想と多面的・論理的な思考力を持ち、自分の考えを表現できる人
5.自ら課題を見出し主体的、創造的に探究して自己の成長を目指す人

これらの人を受け入れるため、入学者に求める能力やその評価方法を、知識・技能、思考力・判断力、表現力、主体性・協働性、創造性など様々な能力と関連付けて明示し、大学入学共通テストを利用する一般選抜のほか、学校推薦型選抜、社会人を対象とした選抜などを活用して多面的かつ総合的な評価による入学者の選考を行います。

【入学者選抜概要(入試課HP)】 → PDF