創立75周年記念事業

タイトル タイトル下写真

最新情報 ご挨拶 記念事業 記念事業基金 医学部の歴史

お問い合わせ先 医学部HP 医学部同窓会HP




ライン


1.最新情報

・ 令和2年3月12日 医学部創立75周年記念事業 特設ページを開設しました




ライン

2.ご挨拶

◇鳥取大学医学部

鳥取大学医学部75周年のご挨拶

ご挨拶_黒沢先生

鳥取大学医学部長
黒沢 洋一

鳥取大学医学部は、昭和20年(1945年)設立の米子医学専門学校を前身として、米子医科大学を経て、昭和24 年(1949 年)に設置されました。高度専門医療を担う鳥取大学医学部ですが、同時に「地域医療」を伝統的に重視しており、地域医療の人材育成に力を入れてまいりました。平成2年(1990 年) には、生命現象の基本的な真理の探究や疾患の原因を解明する研究者、またはそこから導かれる最先端の医療法を開発する研究者の育成する学科として生命科学科が、医学部に創設されました。平成11 年(1999 年) には、看護師と臨床検査技師を育成していた鳥取大学医療技術短期大学部が保健学科となり、医学部は3学科体制となっています。また、大学院医学系研究科は、医学専攻、生命科学専攻、保健学専攻、機能再生医科学専攻、臨床心理学専攻が設置されています。2020年には大学院改組により、生命科学専攻、機能再生医科学専攻、保健学専攻の3専攻を統合した医科学専攻が開設されます。地域を含む医療現場での異分野連携実践的教育を強みした、医療機器開発、バイオ創薬など他にはない人材育成に努めていきたいと思います。
鳥取大学医学部は、2020年で設立より75周年を迎え、この間、山陰の医学教育・研究・診療、そして人材育成の中核としての社会的使命を果たし、高い評価を得てまいりました。これまでに約6,500名の医師と約1,300名の看護師、約600名の臨床検査技師、約1000名の生命科学学士を輩出しており、卒業生は山陰のみならず、全国各地で医学・医療・生命科学のリーダーとして活躍しています。また、多数の卒業生が母校で教鞭をとり、後進の育成を担当しています。
医学部としては75周年ですが、生命科学科は30周年、保健学科は20周年とそれぞれの学科の節目も迎えます。これを機に、医学部の学生、卒業生、教職員、行政をはじめ関係諸機関、地域の皆様とともに医学部創立75周年を共に祝い、これまでの歩みを振り返りつつ、さらに100周年に向けて発展できるよう協力・連携を深める機会といたしたいと考えています。それにむけて、医学部は医学部同窓会と連携し医学部75周年記念事業会を立ち上げて、記念式典、学生等への支援事業、記念誌の編纂等の記念事業を検討しております。
鳥取大学医学部75周年記念事業に向けて皆様方からのさらなるご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

暫定措置01

鳥取大学医学部同窓会長
魚谷 純

【作成中】

 

 

 




ライン

3.記念事業

◆75周年記念式典の挙行・記念講演会の開催(令和2年11月28日(土))

【作成中】

◆75周年記念誌の作成

【作成中】

 




ライン

4.記念事業基金

【作成中】

 




ライン

5.お問い合わせ先

◆75周年記念事業全般について
  ● 鳥取大学米子地区事務部総務課総務係
    住  所:〒683-8503 鳥取県米子市西町86番地
    電話番号:0859-38-7027
    E-mail :me-sousoumu@ml.adm.tottori-u.ac.jp

 

ライン

最新情報 ご挨拶 記念事業 記念事業基金 医学部の歴史

お問い合わせ先 医学部HP 医学部同窓会HP

ライン