生命科学科

【卒業認定・学位授与の方針】(ディプロマポリシー)

 鳥取大学医学部生命科学科は、学生が本学科における学修と経験を通じて、以下の生命科学や基礎医学の研究者および生命科学関連の専門的職業人に求められる基本的能力や特性を身につけたときに学士(生命科学)の学位を授与します。

 1. 自然科学をはじめ一般的な教養に関する幅広い知識と、生命科学および基礎医学に関する深い知識
   の習得と理解、これら知識の獲得のための方法と技能
 2. 生命科学研究の遂行に必要な基本技術とその原理の理解、解決すべき問題を自ら設定できる問題探
   索力、問題を適切な方法により解決に導く問題解決力
 3. 国際的な広い視野を備えた柔軟かつ論理的な思考力、独創的な発想力
 4. 生命科学における真理の探求や新しい技術の開発の重要性に対する深い理解、従来の常識や先入観
   に左右されない態度、他者と共同して研究を進めることができる協調性
 5. 生命科学を学んだものとしての高い倫理観と責任感

 

【教育課程編成・実施の方針】(カリキュラムポリシー)

 鳥取大学医学部生命科学科は、卒業認定・学位授与の方針で示す能力や特性を学生が主体的に身につけることができるよう、次に掲げる方針のもとに体系的な教育課程を編成し実施します。

 1. 全学共通科目では、自然科学をはじめ一般的な教養を学ぶとともに、医学・生命科学を支える基礎
   的な知識および技術の習得を図ります。
 2. 専門科目では幅広い医学知識、専門性の高い生命科学知識、生命科学研究に必要な基礎技術の習得
   および生命倫理の理解を図ります。また、論理的思考力、独創的な発想力、的確な表現力およびコ
   ミュニケーション能力を育成します。同時に、真理の探求や新しい技術の重要性に対する理解を促
   します。
 3. 最終年次における「生命科学特別研究」により、上記の力を向上させるとともに問題探索力、問題
   解決力の育成を図ります。
 4. 上記を通じ、生命科学や基礎医学を探求する研究者の育成、および生命科学の知識と技術を活かし、
   生命科学と臨床医学や産業界との橋渡しができる専門的職業人の育成をめざします。

 

【入学者の受入れ方針】(アドミッション・ポリシー)

 生命科学科では、生命倫理を尊重するとともに、基礎医学と最先端の生命科学を修得し、医学とその多様な関連領域の研究者や両者の橋渡し役を担う専門的職業人を養成します。

 1. 現代の医学・生命科学及びその関連分野の動向・進展に関心があり、それらの知識・技術を学び、
   向上・発展させる研究活動に興味がもてる人
 2. 真理探究の意欲に燃え、創造的目標の達成にチャレンジし、勉学・自己研鑽に労力をおしまない人
 3. 協調性を備え、生命科学を通して国際的な広い視野と仕事への使命感を持って人類に役立つ喜びを感じる人