腎泌尿器学分野

Division of Urology

研究室HP  研究室HPはこちら         診療科HP  泌尿器科HPはこちら 

分野の特色

腎泌尿器科学では、尿路系臓器(腎、尿管、膀胱、尿道)、男性生殖器(前立腺、精巣、精嚢、陰茎)、および副腎などの後腹膜臓器を対象としている。

教育:研修内容は泌尿器科専門医養成プログラムに則り、鳥取大学病院および関係基幹教育病院で行う。原則として1-2年で複数の研修施設をローテーションするが、施設決定に際しては個々の希望を優先する。関係基幹教育病院のみの研修も可能とする。後期研修終了後は日本泌尿器科学会専門医専門医が取得可能である。また、希望により関係病院で臨床研修を行いながら社会人選抜大学院にて研究を行うことも可能である。

臨床:当科の特色として、診療面では腎癌、前立腺癌、膀胱癌などの尿路悪性腫瘍、神経因性膀胱、前立腺肥大症などの排尿障害、性機能障害、小児泌尿器科、男性不妊などの中から医師各自が専門分野を持ち、自身の専門に関する基礎および臨床の研究を通じて質の高い専門性を保ちつつ、泌尿器疾患全般においてもglobal standardの診療を実践できる診療スキルを医師全員が持てることを意識して取り組んでいる。

研究:臨床から生じる疾患や治療法に対する疑問点を各自の研究テーマとし、その結果を臨床へフィードバックすることを目的とした基礎および臨床の研究に取り組んでいる。
当科で行っている基礎・臨床的研究を以下に示す。

分野での主要な研究テーマとその取り組みについての説明

低侵襲手術
癌の根治性と手術の低侵襲化の両立を目指し、腎癌に対する腹腔鏡下腎摘除術、腹腔鏡下腎部分切除術、腎盂尿管癌に対する腹腔鏡下腎尿管全摘術、前立腺癌に対する腹腔鏡下小切開前立腺全摘手術を行っている。2010年8月には手術支援ロボットda Vinci Sが導入され、ロボット支援前立腺全摘除術を開始した。特に、前立腺全摘術や膀胱全摘術などの骨盤内手術では術後のQOL(生活の質)調査を行い、治療成績にフィードバックを行っている。また、海外での低侵襲手術技術研修も可能である。

骨盤内外科解剖研究
手術の質を向上させる目的で、独自の手法による外科解剖学研究を行っている。これまで国内外の多くの施設、また、泌尿器科のみならず、直腸外科医、婦人科医とも共同研究を行ってきた。これまで、骨盤内自律神経、骨盤底筋および筋膜解剖について、従来の解剖学的常識を覆す多くの知見を報告してきた。これらの結果を基に術後性機能、排尿機能向上のための術式改良に積極的に取り組んでいる。

micro RNAに着目した分子標的薬耐性腎細胞癌の新規治療法に関する研究
従来の分子標的薬に抵抗性を示す腎細胞癌に対する新規治療法の確立を目指し、分子標的薬耐性腎細胞癌の細胞株を樹立し、分子標的薬に対する耐性獲得に関与するmicro RNAを解明してきた。現在、このmicro RNAをターゲットとした新規治療法に関する研究を進めている。

新規抗癌剤を使用した尿路性器癌に対する化学療法
従来の抗癌剤に抵抗性を示す尿路上皮癌(腎盂尿管癌、膀胱癌)に対するジェムザールを使用した化学療法、ホルモン抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルカバジタキセル(タキサン系抗癌剤)を使用した化学療法、難治性精巣腫瘍に対する多剤併用化学療法、進行性腎細胞癌に対する分子標的治療などを積極的に導入し、その治療成績を国内外の雑誌や学会で発表している。

排尿障害の治療法に関する検討
臨床面では、本邦で初めて内服治療やその他の保存的治療で改善の得られない難治性過活動膀胱に対するボツリヌス毒素膀胱壁内注射療法を実施し、その治療成績は国内外で高い評価を得ている。また、性ホルモンが排尿機能に及ぼす影響、性差や加齢が排尿機能に及ぼす影響をウロダイナミクスの手法を用いて検討している。
基礎研究では、従来の内服治療では改善の得られない過活動膀胱での新しい神経伝達物質の役割に関する検討、女性腹圧性尿失禁の発症メカニズムに関する検討、糖尿病性膀胱機能障害発症に酸化ストレスが果たす役割に関する検討、心因性頻尿に脳内アンギオテンシンが果たす役割の解明を行っている。

男性不妊、性機能障害に関する研究
日本初、世界2例目のクラインフェルター症候群の精子を用いた受精、円形精子細胞核注入法の研究、異種動物精細管内におけるヒト精祖細胞の成熟に関する研究など世界的研究を発表している。

スタッフ

(医学部)
教授         武中 篤     atake@med.tottori-u.ac.jp
准教授        本田 正史
助教         岩本 秀人
助教         弓岡 徹也
プロジェクト研究員  ツナピ パナイオタ

(附属病院)
講師         引田 克弥
講師         森實 修一
助教         川本 文弥
助教         木村 有佑
医員(社会人大学院生)寺岡 祥吾
医員(社会人大学院生)西川 涼馬
医員         山根 浩史
医員         西川 結梨

 電話番号

TEL 0859-38-6607

関連リンク

研究室ホームページ https://www.med.tottori-u.ac.jp/urology/
診療科ホームページ http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/departments/medical/urology/ 【泌尿器科】