Tottori University Faculuty Of Medicine Division Of Urology
Scroll

多くの患者さんに妥協のない高度医療を。

当科では全国に先駆けて手術支援ロボット"ダヴィンチ"を導入、
病気の治療と機能温存を両立する低侵襲手術に取り組み、
患者さんの生活スタイルや希望に応じた治療を行なっています。
特徴的技術と先進的医療
全国に先駆けた、
ロボット手術の導入。
最先端の低侵襲手術支援ロボットであるda Vinci システムを導入しています。現在da Vinci X、Xiの2台のロボットを用い、当科での症例数は900例を越えています。前立腺癌については米国コーネル大学と性機能温存術式確立に関する共同研究を行っています。
手術実績
2021年5月末現在
ロボット支援根治的前立腺全摘除術切除 626
ロボット支援腎部分切除 166
ロボット支援膀胱全摘除術 88
ロボット支援腎盂形成術 18
ロボット支援腎摘除術 2
ロボット支援腎尿管全摘術 9
ロボット支援副腎摘出術 3
ロボット支援骨盤内臓全摘術 1
共に歴史を作りましょう。

教室紹介

当教室は、世界レベルの診療の提供と臨床的・基礎的研究に取り組んでいます。

学生・研修医の皆さんへ

当教室は卒後教育にも 熱心に取り組んでいます。優秀かつ熱心な指導医の下、各個人の希望に沿った形でキャリアアップを形成するための研修を行うことができます。
教授挨拶
チーム医療を支える、
医師を育てる。
私たちが目指すのは、生涯にわたる信頼関係で結ばれ、誇りと気概に満ち、診療、研究、教育のバランスとれた、成熟した社会人の集う教室です。
患者さんの安全を第一に考え、志を同じくする仲間と切磋琢磨しつつ、真のチーム医療を目指す教室で、共に働き学んでいきましょう。
泌尿器科 教授武中 篤

トピックス