学科長あいさつ・専攻主任あいさつ

トップ > 医学部の紹介 > 保健学科(看護学専攻) > 概要 > 学科長あいさつ・専攻主任あいさつ 保健学科看護学専攻 深田先生

保健学科長 深田 美香

 鳥取大学医学部保健学科は、平成11年10月に設置され、輩出した数多くの卒業生は、西日本を中心に全国各地で活躍しています。在学生は、自然に恵まれたこの米子の地で、勉学、課外活動に充実した楽しい大学生活を送っています。
 医療人にとってなにより大切にしなければならないもの、それは強い倫理観と責任感をもつことです。保健学科では、豊かなコミュニケーション能力、いたわりの心、確かな臨床実践力を身に着け、医療・保健の分野でリーダーとして活躍できる人材を育成しています。学生が、人を人として敬い、その人の尊厳を守ることができる医療人として成長することを心から願い、教職員一同、全力で取り組んでおります。
鳥取大学医学部保健学科は、医療・保健・医科学の未来を託すことのできる高い志をもった意欲あふれる皆さんを心から歓迎いたします。

トップ > 医学部の紹介 > 保健学科(看護学専攻) > 概要 > 学科長あいさつ・専攻主任あいさつ 保健学科看護学専攻 松浦先生(仮)

看護学専攻主任 松浦 治代

 看護は、病気の人を支えるだけではありません。活動の場も多様です。看護学専攻では、いつでも、どこでも、誰にでも、切れ目なく、としてすべての人が生涯にわたり、より健康に、また病気や障がいがあってもその人らしく生活できることを目指した支援ができる看護職(看護師、保健師、助産師)を養成します。人の尊厳を守ることを基盤とし、看護実践の基礎となる知識と技術の習得はもちろん、対象者に寄り添い共に支えるチーム関係者と連携・協働できる能力、豊かなコミュニケーション能力、そして専門職業人とし学び続ける基礎としての自律的に学ぶ力、の育成にも力を入れています。
 本専攻では、統合カリキュラムとして教育しており、全員が看護師だけでなく、保健師の国家試験受験資格を得ることができます。さらに、助産師7名程度の選抜となりますが、国家試験受験資格を得られるコースもあります。統合カリキュラムで学ぶということは、単に資格を得るということだけでなく、看護の領域を広く学び、多様な視点で看護を考えることができるようになります。
 看護学は、人と関わる、自らも人として大きく成長できる魅力ある学問領域です。私たち教員も、日々学生から新しい気付きをもらっています。専門職としての基盤を共に学んでいきましょう。