学科長あいさつ・専攻主任あいさつ

トップ > 医学部の紹介 > 保健学科(看護学専攻) > 概要 > 学科長あいさつ・専攻主任あいさつ 保健学科看護学専攻 深田先生

保健学科長 深田 美香

 鳥取大学医学部保健学科は、平成11年10月に設置され、輩出した数多くの卒業生は、西日本を中心に全国各地で活躍しています。在学生は、自然に恵まれたこの米子の地で、勉学、課外活動に充実した楽しい大学生活を送っています。
 医療人にとってなにより大切にしなければならないもの、それは強い倫理観と責任感をもつことです。保健学科では、豊かなコミュニケーション能力、いたわりの心、確かな臨床実践力を身に着け、医療・保健の分野でリーダーとして活躍できる人材を育成しています。学生が、人を人として敬い、その人の尊厳を守ることができる医療人として成長することを心から願い、教職員一同、全力で取り組んでおります。
鳥取大学医学部保健学科は、医療・保健・医科学の未来を託すことのできる高い志をもった意欲あふれる皆さんを心から歓迎いたします。

トップ > 医学部の紹介 > 保健学科(検査技術科学専攻) > 概要 > 学科長あいさつ・専攻主任あいさつ 保健学科検査技術科学専攻 森先生

検査技術科学専攻主任 森 徹自

 本専攻では、医療人としての高い倫理観を備えた臨床検査技師の養成を目指しています。また、臨床検査技師は患者さんと接する機会が多いため、単なる知識や技術の習得だけでなく、コミュニケーション能力の涵養にも力を入れています。卒業生の多くは、臨床の第一線で活躍しています。
 医療・検査技術は日々進歩しています。医療の発展に貢献するためには、研究・開発能力が必要です。リサーチ・マインドを育むために、4年次には各研究室に配属されて卒業研究を行います。さらに深く学びたい人には、大学院進学という道が用意されています。大学院修了生は、本格的な研究活動を行うことで科学的素養を身に付け、科学の発展に寄与することが期待されています。
 本専攻は、充実した教育プログラムを通して、社会の中核を担う人材を輩出してきました。主体的に学ぶ意欲を持った皆さんを、我々は全力で応援します。