スタッフ

鳥取大学大学院医学系研究科
臨床心理相談センター


Center for Clinical Psychology,
Graduate School of Medical Sciences, Tottori University



スタッフ

氏名    相談に関する専門領域


最上 多美子
 主として成人の方を対象とした個人カウンセリング、グループカ ウンセリングを行ないます。対人関係の悩み、不安やうつ、家庭 や職場での悩みなどのカウンセリングを行ないます。カ ウンセリ ングにおいて、カウンセラーと来談者の方との関係、来談者の方 の「変わりたい」という希望を大切にとらえています。


井上 雅彦
 応用行動分析学や認知行動療法の立場から、発達障害のある人を中心として心理的支援を行っています。対象は子どもから大人の方まで、またご家族、教師、支援者の方など様々です。それぞれのニーズやお悩みに沿った形で、個別やグループによるカウンセリング、コンサルテーションなどを行っています。


菊池義人
 こころの問題はとても複雑で,一見すると困った問題や症状が表面にあっても,その奥にはとても重要な成長や発展の萌芽が潜んでいることもよくあります。そのような心の現象を的確に見立て,最も効果的な解決策や立ち直りの方法を探り,さらなる心の成長・発展に結び付けることが,私どもの重要な使命と考えています。
 私は,精神科・心療内科病院での心理士としての経験やスクールカウンセラーとしての経験が長く,他に,非行少年の資質鑑別に従事した経験もあります。不登校,ひきこもり,選択性(場面)緘黙,対人関係や家族関係の問題,傷つき,不安,不適応,抑うつ,発達や子育て,進路選択のご相談,その他,自他を悩ます困った行動や習慣など,心に関するどのようなご相談にも応じてまいります。
 当センターは心理相談機関として独立していますが,医学系研究科附属であり,鳥取大学の附属病院とは緊密に連携しています。病院に行くほどではないけれど,気になる心の症状などもお気軽にご相談ください。専門家のためのコンサルテーションや心理的な援助の研修などについてもお受けいたします。


竹田 伸也
 強いストレスで苦しい思いをしているときには、極端な考え方をしたり、いまいち新しい行動に踏み切れなかったりします。考え方の幅を広げたり、物事をいろんな角度から見つめ直す練習をしたり、悪循環を断ち切るような行動を増やすなどして、問題の解決を目指します。


 福崎 俊貴
 認知行動療法の視点からカウンセリングを行なっています。悩み事は人それぞれ違っているものです。その方の悩みをきかせて頂きながら、一緒に考えて良い方向にむかうようなお手伝いができたらと思います。


 

メインページに戻る