臨床心理学専攻 竹田伸也

教員名/職名

竹田 伸也(たけだ しんや)/ 准教授

研究領域・研究テーマ

研究領域 認知行動療法ほか

  • 強靭で持続可能な弱者支援の仕組みづくり
  • 対人援助職や子どもへのストレスマネジメント・プログラム
  • 認知行動療法による対人援助技術力向上
  • 認知症への臨床(認知症予防・認知症の早期発見・心理社会的アプローチ)
  • うつ病、不安障害、ストレス関連障害等の認知行動療法

最近の臨床・研究活動

  • 臨床活動:最近の臨床活動としては、うつ病や強迫性障害等の精神疾患に対する認知行動療法、回想法を認知症の人向けに発展させた個別回想を取り入れた集団療法等に力を注いでいます。地域援助の一環として、心の免疫力を高めるためのスキルの普及や、被災地でのセルフケア支援なども行っています。
    また、被援助者への支援をより良いものとするために対人援助職者の力量が高まることは大切なので、コミュニケーションや認知行動療法、ストレスマネジメントなどのスキルを高める研修会を全国各地で行っています。
    一般の人向けには、うつやストレスを予防するための「心の免疫力の高め方」や認知症の予防と対応(認知症になっても安心して暮らせる街づくり)、傾聴ボランティアのためのコミュニケーションといったテーマについて、全国各地で講演活動を行ったり執筆活動を行ったりしています。

 

  • 研究活動:思いやりの心は、優れた援助技術に宿ると信じています。援助技術として、私は「認知行動療法」を専門として研究を進めています。被援助者に役立つ認知行動療法を対人援助職が習得するための研究や、認知行動療法を応用したストレスマネジメントを対人援助職、介護者、学校現場など様々なコミュニティで有効に展開するための研究を行っています。
    また、我が国は超高齢社会を迎え、世界的にも高齢化にシフトすることが確実視されており、老年期のテーマに関する臨床心理学の貢献が期待されています。そうしたなか、認知症の早期発見を可能にするスクリーニング検査(竹田式三色組合せテスト)の開発や認知症の人への心理社会的アプローチについて研究しています。特に、認知症罹患者が今後増えることが予想されているため、地域住民が自主的に認知症を予防するプログラム(脳いきいき教室)を開発し、全国で認知症予防プログラムを展開するとともに、プログラムを運営するインストラクターを育てるマスターを養成しています。
    私は、臨床家や研究者として、「生きづらさを抱えた人が、生まれてきてよかったと思える社会の実現」を大切にしたい価値の一つに据えています。そのために、全国の仲間とともに、生きづらさを抱えた人が豊かに暮らせる仕組み作りや、多様性を許容する懐の深い社会を目指すためにできることについて、研究と実践を進めています。
    【ホームページ】 https://researchmap.jp/takedas

 

  • 社会活動:日本老年精神医学会評議員. 日本認知症予防学会評議員.  鳥取県介護保険事業支援計画及び老人福祉計画策定・推進委員会委員.  日本老年精神医学会上級専門心理士.  日本認知・行動療法学会専門行動療法士 等.

自己紹介

とかく前向きな人生やプラス思考がもてはやされるこの頃ですが、どんな状況でも前向きでいられることって可能でしょうか。人間は、そんなに強いものではないと、自分をかえりみてつくづく思います。ですが、弱さを抱えながら人生を歩んでいく姿に、人間のもつ本当の強さが潜んでいるとも思うのです。そうした弱さを否定することなく自分のなかにしっかりと受け止めることによって、私たちはもっと自分に優しくなれたり他人に優しくなれたりするのではないでしょうか。弱さを抱えているからこそ、人生に反映される深みや豊かさがあるように思います。

連絡先

 講演の依頼や学生さんの研究室訪問は、次のアドレスにメールをお送りください。なお、心理的な問題等についての個別の質問や相談には、メールや電話でのお応えはしておりませんのでご容赦ください。

E-mail: takedas(a)med.tottori-u.ac.jp
(a)の部分を@に直してお送り下さい。