学科長あいさつ

トップ > 医学部の紹介 > 医学科 > 概要 > 学科長あいさつ 海藤先生

医学科長 海藤 俊行

米子の地で医師・研究者への夢を実現しよう

 鳥取大学医学部医学科は、中国地方最高峰の大山の麓で中海と日本海に囲まれた四季豊かな鳥取県米子市にあります。米子市は山陰地方の中央に位置し、交通の要衝・山陰の商都として栄えてきましたが、医学科はその中心市街地にあるため、いわゆる立地偏差値が高く、通学に至便で住みやすく、医学の学びに最適な環境にあります。
 医学科は「高い倫理観と豊かな人間性を備え、地域特性に合わせた医療の実践や最先端の医学を創造できる医師を養成する」ことを目標にしています。そして医学生に身につけてほしい学修成果として、医学知識や診療技能の修得のみならず、プロフェッショナリズムの実践的理解、コミュニケーション能力の向上、リサーチマインドの涵養、イノベーションの重要性の理解、国際的な語学力の育成、地域医療に貢献できる人材の育成などを掲げています。
 その中でも特に患者中心の医療で重要なコミュニケーションの教育に力を入れています。「つながる想い,医の心~コミュニケーションで学ぶ共感~」をキャッチフレーズにして、ヒューマンコミュニケーション、メディカルコミュニケーション、手話言語などの授業を行っており、対人関係における共感の重要性や聴こえない方に必要な診療上の配慮などを学んでいます。また、イノベーション教育では、発明学の授業で機器開発のプロセスを理解するとともに、民間と共同開発した医療シミュレータも使って臨床技能の向上を図っています。
 医学科では、医学を志す学生が抱いている医師や医学研究者への夢を実現するために、他にも様々な工夫を凝らして豊かな教育・研究環境を整備しています。米子の地で学んだ医学科の卒業生たちは、地域で、日本各地で、そして世界で活躍しています。皆さんも医学科の情熱あふれる教員と共に学び、素晴らしい医師・研究者を目指しましょう。