• 看護学専攻紹介
  • 教育カリキュラム
  • 学生生活
  • 入学案内
  • 資格・進路

教育カリキュラムCurriculum

特徴・概要

カリキュラム

基礎分野

基礎分野は、鳥取大学の教育グランドデザインの柱である人間力育成のために、広い視野での見識や多様な価値観をはぐくむことをねらいとし、人間の育成にかかわる他の学問領域の学習内容を広く位置づけています。

専門基礎分野

専門基礎分野

専門基礎分野は、心と身体の仕組みや人間の多様な社会活動の理解、社会保障制度や生活者の健康について学習します。専門基礎分野での学習成果は、看護の対象理解の基盤として用いられ、職業人としての社会的責任と役割の認識を深め、看護の働きかけをするうえでの法的基盤やシステムの理解、協働・連携・調整の必要性理解の基盤となります。

専門分野

専門分野

専門分野の教育内容は、看護学の本質、構造(目的、対象、方法)、現象といった学問の成り立ちを基盤として,構造化されています。
看護は、人間を対象とし、対象者の生活の場において、その健康生活が維持、向上されるよう、環境との相互作用の中で人間としての統合(発達)が促進されるよう支援する実践活動です。本学では、人間としての統合(発達)、生活の場、健康にかかわる課題(こころと身体)を軸にしながら、看護の働きかけ(実践)の方法を学びます。

統合分野

統合分野

統合分野では、生涯にわたり専門性を深めていく基礎となる能力を育成します。具体的には、看護実践の改善や充実の視点と自己の看護実践体験を客観的に見つめ、研鑽を重ねていく自己学習能力の育成をめざします。

カリキュラムカリキュラム

カリキュラムの考え方

↓クリックで拡大表示します。

カリキュラムの考え方1

カリキュラムの考え方カリキュラムの考え方