• 看護学専攻紹介
  • 教育カリキュラム
  • 学生生活
  • 入学案内
  • 資格・進路

看護学専攻紹介Division of Nursing

看護学科の沿革

設立の趣旨

我が国の社会は、高齢化、少子化、地方の過疎化等の深刻な問題に直面しています。人々の関心は、病気の先端的な診断や治療のみならず、生活環境を考慮した病気の予防、身体的障害からの回復やリハビリテーション、精神や心の支え、老齢者の健康生活の支援や生命への畏敬など広範な領域に及んでいます。一方で医療人にも豊かな人間性と高い倫理性が求められています。多くの医療関係職員がチームを組み、人々のニーズに沿った医療の在り方が求められ、メディカルスタッフの一員としてチーム医療を行うために、人々の生活の質、健康増進、疾病の予防と回復への支援ができる能力が要求されます。保健学科は、こうした社会のニーズに対応できる専門医療職を育成するために設置されました。

沿革

保健学科(2専攻6大講座)は、平成11年10月1日付で、それまでの鳥取大学医療技術短期大学部(昭和 50年4月設置)を改組し鳥取大学医学部に設置されたものです。前身の医療技術短期大学部は、医学部附属看護学校及び臨床検査技師学校を改組したもので、医療技術者教育では53年に及ぶ歴史と伝統があります。

平成16年には大学院保健学専攻(修士課程)を設置しました。問題解決型の教育法にもとづく、医療に関する深い専門知識と高度な技術の習得と共に、豊かな人間性と高い倫理性に支えられた専門的な研究能力をもつ医療人の養成を目指しています。

シンボルマーク
シンボルマーク
地色の清楚なピース紺は、日本海を象徴。輪郭は Comedical の C 。下方の『三山』は Medicine の M 。『三山』はまた、秀峰大山の山並と中海の銀波を望む我が学舎の麗しい環境をも表す。中央二羽の鳥は、ここに集う者が切磋琢磨しつつ、相携えて理想達成に邁進する姿を表している。

看護学科

  • 大正 14年 4月  財団法人米子病院看護婦、産婆養成所
  • 昭和 18年 4月  財団法人米子病院看護婦学校
  • 昭和 21年 6月  米子医学専門学校附属医院看護婦養成所
  • 昭和 23年 4月  米子医科大学附属医院甲種看護婦養成所
  • 昭和 26年 2月  鳥取大学米子医科大学厚生女学部
  • 昭和 26年 4月  鳥取大学医学部附属看護学校
  • 昭和 50年 4月  鳥取大学医療技術短期大学部看護科
  • 昭和 51年 4月  鳥取大学医療技術短期大学部看護学科と改称

衛生技術学科

  • 昭和 42年 4月  鳥取大学医学部附属衛生検査技師学校
  • 昭和 47年 4月  鳥取大学医学部附属臨床検査技師学校
  • 昭和 51年 4月  鳥取大学医療技術短期大学部衛生技術学科

鳥取大学医療技術短期大学

  • 昭和 50年 4月  鳥取大学医療技術短期大学が鳥取大学に併設 看護科設置
  • 昭和 51年 4月  鳥取大学医療技術短期大学看護科が「看護学科」に改称
  • 平成11年10月  鳥取大学医療技術短期大学部を改組し「保健学科」を設置