当科の紹介

教室の沿革

鳥取大学医学部 器官制御外科学講座 心臓血管外科分野は、鳥取大学の大学院設置に伴い、第二外科学講座として、第一外科に遅れること11年、昭和31年10月に東京大学より桑原 悟先生が初代教授として赴任されて開講されました。桑原教授は、当時、わが国における内分泌外科領域の第一人者であり、乳腺・内分泌外科におけるその伝統は、現在も連綿として受け継がれています。また、2代目教授である中村和夫先生は、胸部外科・心臓血管外科診療、特に山陰地方における心臓外科の普及と発展に尽力されました。そして3代目教授 森 透先生の時代になり、心臓血管外科、乳腺・内分泌外科、呼吸器外科の診療を3本柱とする形となりました。また、第4代 應儀成二教授は血管外科の領域で多くの業績を残され、教室の発展に尽くされました。平成15年4月よりは、名称が、第二外科から器官制御外科学講座 器官再生外科学分野に変更され、また、平成17年1月より呼吸器外科が診療科として独立し、中村廣繁先生を科長として胸部外科が附属病院に新設されました。そして、平成18年9月より私、西村元延が大阪大学より赴任し、新たな体制でスタートを切りました。

その後、平成24年に胸部外科学分野が教室として独立し、中村廣繁教授のもと呼吸器外科・乳腺内分泌外科を担当することとなり、器官再生外科学分野は、心臓血管外科のみに専念して診療をおこなうこととなりました。

そして、令和2年4月からは、分野名も心臓血管外科学となり、また大阪大学より吉川泰司先生が講師として赴任され、あらためて体制を刷新し、さらなる飛躍を目指しています。