先進的医療 ロボット支援腹腔鏡下手術 学生・研修医の皆様へ 鳥取大学泌尿器科 専門医養成プログラム 学生・研修医の皆様へ 他大学出身の先生へ 学生・研修医の皆様へ 研修医の一日 学生・研修医の皆様へ 腹腔鏡トレーニングコース
 
 
教室の理念

教室の理念

人のために何かができる医療人の育成

この「人」というのはもちろん患者様でもありますが、同僚医師さらにはコメディカルを含めたチーム医療スタッフ全員でもあります。この理念のもと以下のキーワードを掲げ、診療、研究、教育のバランスがとれた教室を目指しています。

先進的医療

先進的医療

個々の患者様にあった質の高い手術の実現

現在、ロボット手術は、欧米ではすでに一般的に広く施行されている治療法であり、すでに5万件以上実施されています。米国においては、前立腺全摘除術全体のうち、約8割がロボット支援手術で行われております。腫瘍制御と生活の質 (QOL)の両立を目指す手術療法です。

研修医の一日

医学生・初期研修医のみなさんへ
人のために何かができる医療人の育成

守備範囲が広い泌尿器科は今後いっそう社会的に必要とされる科です。10年から20年先の将来を考えたとき、泌尿器科を選択することは、自分に自信がもてる領域、自分の存在価値が示せる領域をもつ絶好の機会を提供してくれることでしょう。

他大学出身の先生・学生へ

他大学出身の先生・学生へ

他大学出身の先生・学生のみなさま、私たちとともに地域医療のこれからについて考えていきませんか。