トップ  >  診療内容・専門外来  >   めまい・難聴外来

めまい・難聴外来

めまいセンター

人間の平衡感覚は、内耳(三半規管)の情報、視覚情報、体の位置感覚や筋緊張の程度など深部感覚の情報を、小脳や大脳といった中枢器官で処理し制御されます。 ゆえに各々の部位に何らかの異常があれば、情報のバランスが崩れめまいとして表れます。
例えば、脳の障害として代表的な脳梗塞などでもめまいは症候の一つであり、時には急性期として治療を急ぐこともあります。
しかし、めまいの原因の多くは三半規管や内耳神経、および肩こりなど頸部から由来しています。
また、内耳は聴覚器官も存在するため、疾患によってはめまいと難聴が相関することがあります。
同じように見えるめまい・難聴も様々な原因から生じるため、 病態を把握する目的で一連の各種平衡機能検査・聴力検査・画像検査などが必要になります。
めまい・難聴外来では、聴覚・平衡系の様々な検査を実施・解析を行ないつつ、 時間経過と共に変化する症状や所見を捉えて治療に結びつけることを目標にしています。


めまい・難聴外来