• 看護学専攻紹介
  • 教育カリキュラム
  • 学生生活
  • 入学案内
  • 資格・進路

講座紹介

成人・老人看護学講座

 

講座名

成人・老人看護学講座 Department of Adult and Elderly Nursing

講座の概要

成人看護学(急性期)
成人看護学(慢性期)
老年看護学

担当科目

  • 「疾病論」「栄養と代謝」
  • 「成人看護学・演習」「老年看護学・演習」
  • 「健康障害と看護Ⅰ」「健康障害と看護Ⅱ」
  • 「生活援助論演習Ⅲ」「尊厳のある死と看護」
  • 「健康の危機と看護」「成人看護学実習」
  • 「老年看護学実習」

講義・演習・実習を通して、学生の皆さんは、健康障害を持つ成人・老年期にある対象を、発達段階、健康レベル(慢性期、急性期、回復期、終末期)、治療過程、生活過程の視点から総合的に理解するための力や対象に必要な看護ケアを実践するための知識や技術、患者との関わり方、看護職者としての基本的姿勢などを身につけていきます。さらに、学生一人ひとりが、主体的・積極的に看護を思考・判断し意図的に実践する能力、生涯にわたり看護学の専門性を深めていくための基礎となる能力を身につけられるような教育的支援を、教員は目指しています。

研究

  • 「慢性疾患を持つ人のセルフマネジメント力やQOLを高める介入に関する研究」
  • 「対象理解や看護の質の向上を目指すための評価指標の開発」
  • 「高齢者の在宅療養支援に関する研究」
  • 「生活習慣病を持つ人を対象とした運動療法に関する研究」

さらに、講座全体では学生の学習を支える看護教育の在り方に関する研究課題に取り組んでいます。

大学院教育

大学院教育では、院生の関心や課題意識を大切にしながらも、取り組みたいと考えている研究課題が社会や患者にとってどのような意義があるのかを院生に問いかけつつ進めています。このようなプロセスを通して、院生には研究者としての姿勢を養ってもらえるように努力しています。論文クリティークなどのゼミを定期的・効果的に行い、保健学・看護学を発展できる研究者を一人でも多く育てていきたいと考えています。

前期修士課程

  • 「成人看護学特論」「成人看護学演習」
  • 「老年看護学特論」「老年看護学演習」
  • 「保健医療学特論」「看護理論」

後期博士課程

  • 「成人高齢者保健学特論」「成人高齢者保健学演習」

 器械出し成人・老人看護学講座