染色体医工学講座

染色体工学技術を
利用した発がんおよび
老化機構の解明に
取り組んでいます

教授 久郷裕之
Hiroyuki Kugoh

染色体工学

遺伝子を運ぶ染色体を切る・繋ぐ・移すことによって健康社会に貢献する学問

染色体がもつ特性をいかして自然界にはない細胞を作り出し、がんを抑えるあるいは細胞の老化を誘導する新しい遺伝子の発見から、それらの遺伝子の働きを調べ、がん化や細胞死のメカニズムを解明し、治療への応用や薬の創出を目指しています。