分子生物学分野

転写制御領域に適切な
DNAメチル化状態が
形成・維持される
機構を研究しています

准教授 堀直裕
Naohiro Hori
| DNAメチル化状態の調節に関与する配列要因とそれらの役割の解明

ある領域の DNA のメチル化状態はメチル化 (付加) と脱メチル化 (除去) が生じる頻度のバランスで決まります。 これらの頻度の調節に関与する要因や調節方法、またそれらの柔軟性を明らかにする事によって、 メチル化状態の制御やその制御が破綻する現象の理解を目指しています。