母性・小児家族看護学講座

Department of Women's & Children's Family Nursing

研究室HP  研究室HPはこちら  

分野の特色

母性家族看護学(助産学コースを含む)と小児家族看護学の分野があります。

○母性家族看護学分野(助産学コース含む)
 母性家族看護学分野及び助産学コースでは、女性の一生を性と生殖の視点から見つめ、その年代に応じた健康課題を講義し、必要な看護活動について学習します。例えば、思春期の健康や性教育、妊娠・出産時の母親と新生児のケア、更年期以降の保健などがあげられます。
 助産師免許取得のための助産学コースでは、助産に関する専門的実践力、地域社会でも活躍できる豊かな人間性を備えた助産師の教育を行います。本学の助産学コースの履修者は看護師および保健師国家試験受験資格に加え、助産師国家試験受験資格および受胎調節実施指導員認定申請資格を取得することができます。

○小児家族看護学分野
子どもの成長や発達及び家族を含めた環境を理解し、その知識を基盤として、小児特有の健康課題とその看護について学習します。例えば、慢性状態の子どもの療育行動や発達障害などがあります。

両分野とも、妊娠、出産、育児、成長発達を家族の営みの中に位置づけ、家族の機能や、家族から社会への拡大と相互関係について、家族看護学の視点から学習を進めていきます。

分野での主要な研究テーマとその取り組みについての説明

○女性のライフサイクル各期の健康、特に次代を担う子どもの健やかな誕生に関わる妊産婦と家族の看護を追求
   妊娠・分娩・産褥期の女性の健康
   低出生体重児とその家族の健康
   思春期保健
   更年期女性の健康課題
   助産ケア
   地域母子保健  

○小児保健,小児と家族の看護を追求
   小児保健と生活習慣病予防
   小児糖尿病と小児肥満症の治療
   小児家族看護学
   内分泌代謝学と小児の成長発達障害
   障害児(者)のケアに関する研究

スタッフ

◯母性家族看護学, 助産学
    鈴木康江    教授
    佐々木くみ子  教授
    池田智子    講師
◯小児家族看護学
    花木啓一    教授
    南前恵子    教授
◯助教
    大谷多賀子   助教
    大島麻美    助教

 電話番号

TEL 0859-38-6323

関連リンク

分野個別ホームページ https://www.med.tottori-u.ac.jp/nursing/1990/1991/12927.html