診療案内

胃粘膜下腫瘍(GISTなど)について

消化管とは

消化管は、口から入り、咽頭、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門へ続きさまざまな付属器官を伴っています。 この管を構成する壁の構造が、図のように内側から粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜という複数でできています。
消化管

GISTとは

Gastrointestinal stromal tumorの略で、消化管間質腫瘍とも言われます。
消化管において筋肉層にある細胞が異常に増殖・腫瘍化して転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示します。
GIST

GISTの腫瘍細胞は、消化管の運動に関与しているカハール介在細胞を由来としており、c-kit遺伝子の突然変異によるKIT蛋白の異常により、細胞が異常増殖を起こす腫瘍です。
またGISTは胃がんや大腸がんなどの普通の消化器がんに比べると、周囲の組織への浸潤(腫瘍細胞が正常細胞の間に侵入すること)があまり見られない傾向があり、明らかな症状は現われにくいといわれております。
そのため診断が遅れ、病気が進んでから発見されることも少なくありません。
消化管であればどこの臓器でも発生する可能性がありますが、発生部位は胃が60~70%と最も多く、小腸は20~30%、大腸と食道は約5%といわれています。

GISTの治療

GIST治療
GISTの最も有効な治療法は、外科手術による病巣の切除です。
組織採取が難しい小さい腫瘍、無症状の場合は経過観察の方針となることもありますが、GISTと診断された場合は、現在の日本のガイドラインでは腫瘍の大きさなどに関わらず、手術による治療が勧められています。
GISTが見つかった時点で主病巣以外の場所にも転移を起こしているような場合は、内科的治療(化学療法)の適応となります。
化学療法の効果、経過によっては、改めて外科的切除を考慮することもあります。

手術療法として従来はお腹を大きく開ける開腹手術が一般的でしたが、当科では腹腔鏡手術を積極的に行っております。
長所としては手術の傷を小さくすることで美容的に優れ、また術後の疼痛も軽いといわれておりますが、短所としては手術時間が長くなる傾向や安全性でやや劣るということがあり、腫瘍の大きさ・部位によって最適な術式を選択しています。

2016年手術成績 腹腔鏡下胃局所切除6例


鳥取大学医学部
器官制御外科学講座
病態制御外科学分野
(第一外科)
〒683-8504 鳥取県米子市西町36-1
TEL 0859-38-6567
 FAX 0859-38-6569