診療案内

食道がんについて

食道とは

食道は、のどと胃の間をつなぐ管状の臓器で、大部分は胸に、一部は頸部と腹部にあります。
食道がんの約半数は胸部食道にできます。
他の消化器癌と同様に早期では症状に乏しく、健康診断や人間ドックでの内視鏡検査にて発見される無症状の食道がんは20%程度です。
日本での食道がんは、90%が扁平上皮がんであり喫煙と飲酒がリスク要因とされて、予防因子としては、野菜・果物の摂取がよいとされています。
また、胃がんや頭頸部がんなどの合併が多いのも特徴的です。

食道がんの治療

食道がんの治療は、内視鏡治療、外科治療(手術)、放射線治療、抗がん剤治療があります。
]ある程度進行したがんでは、これらの治療を組み合わせた集学的治療を行ってきます。
外科治療は手術で身体からがんを切り取る方法で、食道がんに対する最も一般的な治療方法です。
手術では、がんを含めて食道を切除し、同時にリンパ節を含む周囲の組織を切除します。切除後には食物の通る新しい道を再建します。

食道切除胸腔鏡手術でのポート配置

食道がんの手術は、他の消化器がん手術において最も身体への影響が大きく、肺炎・縫合不全・肝・腎・心機能障害の合併症なども起こりやすい手術と言われています。
そのため、外科的治療の危険性が高いかたへは、放射線、抗がん剤治療を行うこともあります。

ステージⅣ期では手術を行うことはなく、抗がん剤治療を行います。
がんの縮小は認めることもありますが、がんを消失させることは困難であり、症状緩和を目的とした治療となります。
食事の通過障害がつよければ、バイパス手術、ステント留置を行ってきます。

近年、手術方法が低侵襲外科手術の方向へと向かっています。
拡大視効果による微細解剖に基づく高精度ながん手術が可能になる反面、高度な技術が要求されます。当院では、2009年より胸腔鏡下食道切除術を導入し、ステージⅠ~Ⅲを適応として約90例の手術を行っています。
高度なリンパ節転移がなければ、腹部操作も腹腔鏡補助下にて行っており、患者さんへの手術侵襲を減らす努力を行っております。
当院での胸腔鏡下手術でとりきれた場合の3年生存率は約70%となっています。
なお、「全国食道がん登録調査報告」では、手術でとりきれた場合の5年生存率は約50%となっています。

当院における術式別食道切除症例数


鳥取大学医学部
器官制御外科学講座
病態制御外科学分野
(第一外科)
〒683-8504 鳥取県米子市西町36-1
TEL 0859-38-6567
 FAX 0859-38-6569