トップ  >  研究  >   抗癌剤(セラミド研究)

抗癌剤(セラミド研究)

頭頸部扁平上皮癌に対する食餌性グルコシルセラミドの有効性の検討

当科では、アポトーシスを誘導因子として知られているセラミドの頭頸部扁平上皮癌に対する有効性、安全性および作用機序について研究している。我々は、頭頸部癌を移植したSCIDマウスに米ぬかから抽出したグルコシルセラミドを投与したところ、癌の縮小効果を認め、その機序としてアポトーシスが誘導されていることを確認した。さらに現在、血管新生に及ぼす効果について研究を進めている。

使用しているグルコシルセラミドは、自然食品からの抽出物であり、有害事象も認めていないため、安全に長期間使用し続けることが可能な薬剤である。そのため、将来的には発がん予防としてのサプリメントとして、実用化を目指している。

抗癌剤(セラミド)