分野の特色

当科の特徴

鳥取県唯一の大学病院で,西は島根県東部〜東は兵庫県北部までの広い範囲に関連病院があり,多くの患者さまが来院されます.扱う疾患も多く,短期間で幅広い知識と経験を得ることができます.

当院は三次救急を担う医療機関であり,当領域の治療を安全に行うために必要な救急処置に関する知識や技能の習得を目指して,希望者は医学部麻酔科研修が可能です.口唇裂・口蓋裂では,PNAM(術前鼻歯槽整形)治療により,矯正医,言語聴覚士とともに一貫治療を行っています.顎変形症においても矯正医とともに術前矯正から手術,術後矯正まで総合的な診療を行っています.また,入院患者さまの診療を通して,一般的な歯科疾患に対する診断,処置,管理も行っています.海外留学や研修も積極的に行っており,幅広い視野を持つグローバルな人材育成を目指しています.

≪対象疾患≫

口唇裂・口蓋裂(先天異常),口腔顎顔面領域の悪性腫瘍,口腔顎顔面外傷,顎変形症,顎骨腫瘍および嚢胞,口腔粘膜疾患,埋伏歯,感染症・炎症,唾液腺疾患,顎関節疾患,インプラント,顎顔面欠損補綴,一般歯科治療,有病者歯科治療,障害者歯科治療


診療体制

2018年1月現在36名の医師が在籍し,大学病院に16名(大学院生3名および卒後研修医1名を含む)、関連外病院に20名勤務しています.希望者は社会人大学院生として日常の診療を行いながら,研究を行うことができます.状況に応じてワークライフバランスを考慮した短時間勤務も可能ですので,仕事と家庭を両立させることができます.夏季休暇は,有給を利用してまとまった休みを交代で取得しています.

Copyright © 2010 Division of Oral and Maxillofacial Surgery, Tottori University Faculty of Medicine All Rights Reserved