診療科の紹介
診療科の紹介

放射線治療部門

放射線治療部門のご紹介です。

診療内容

診療の概要

放射線治療は手術、化学療法と共に悪性腫瘍に対する治療の3本柱の一つとし て重要な役割を果たしています。放射線治療科では高精度放射線治療が可能な高 エネルギーX線放射線治療装置(リニアック)2台を中心に、イリジウム線源腔 内照射システム(ラルス)、前立腺小線源治療システム(シード治療)などの設 備を備え、全身の悪性腫瘍に対して放射線治療を行っています。放射線治療は切 らない治療ですので、機能や形態の温存が期待できます。また身体への負担が少 ないため、合併症や高齢で手術や化学療法療法が難しい患者様にも治療を行なう ことが可能です。

スタッフ一同、質の高い放射線治療を患者様に安心して受けていただけるよう 常に心がけています。放射線治療専門医が院内外の診療各科と連携し、患者様の 病状にあった最適な治療を実施しています。また、がん治療に関するセカンドオピニオンにも対応致します。

3次元放射線治療

悪性腫瘍の大部分は、身体の外から放射線を照射することで治療されます。体内の腫瘍は外部からは見ませんがCTやMRI、PET検査などで位置や広がりを把握できます。画像で立体的な腫瘍のひろがりを把握し、腫瘍の形に合わせて、様々な方向から放射線を照射する方法が3次元放射線治療です。当院では通常、この3次元放射線治療を行っています。3次元放射線治療を用いる事で、放射線を腫瘍に集中させて治療の効果を上げ、一方では副作用が少なくすることができます。

また放射線を照射する位置の精度を上げるために、画像誘導放射線治療(IGRT: Image-Guided Radiotherapy)を行なっています。放射線治療装置に連動したX線撮影装置やCT撮影装置を使い、位置の"ずれ"を補正することで、身体の中の病巣に対して極めて正確に放射線を照射することが可能になっています。その他、肺癌のように呼吸で移動する腫瘍の場合には、呼吸の状態を含めた4次元CTで腫瘍の移動範囲を評価し、さらに治療前に呼吸訓練を行うことで、呼吸による位置の"ずれ"を小さくする工夫をしています。

特徴的治療技術

頭頸部癌に対する回転IMRT(強度変調回転原体照射)の導入

本治療法により従来のIMRTに比べて全体的な被曝の低減と、迅速なIMRT実施が可能になる。既に前立腺癌、脳腫瘍・頭頸部癌に関しては臨床導入をしているが、さらに複雑な領域である骨盤領域への導入を準備中である。

肺腫瘍に対する呼吸同期放射線治療

より理想的な肺腫瘍に対する呼吸同期放射線治療に関する基礎的検討を行っている。

放射線治療におけるFDG-PETの応用

放射線治療を行った転移性骨腫瘍の再燃予測への応用を研究している。

MRI拡散強調画像を利用した前立腺癌に対するIMRTの最適化

MRI拡散強調画像で前立腺癌の局在を同定し、腫瘍部に更に高い線量を照射しながら、周囲正常組織の副作用を抑えることを目標として研究を実施している。また、頭頸部癌への適用も検討している。

前立腺癌IMRTにおける直腸晩期障害のリスク因子・線量因子の検討

頭頸部癌NAC後CRT/IMRTによる治療成績の検討

頭頸部癌放射線治療後の頚部動脈硬化の時間的線量的因子の検討

肝癌肝細胞によるNEAT1を介した放射線抵抗性獲得メカニズムの解明

直腸癌術前化学放射線治療前MRIによる予後予測と放射線線量増加の研究

 

PAGE TOP