診療科の紹介
診療科の紹介

放射線治療科教授 ご挨拶

放射線治療科 内田教授よりご挨拶です。

よりよく治す放射線治療を、より多くのかたに

「がんを切らずに治す」放射線治療は、がん治療の3本柱のひとつとして社会からも大変注目をされています。放射線治療は装置や照射技術の進歩により、一部のがんでは手術と遜色ない治療成績も報告されるようになりました。 放射線治療の特徴は、下記が大きなものです。

  • 病巣部を切除しないので、がんが発生した臓器の形や機能を残すことが可能
  • 全身への負担が少ないので、合併症や高齢のために手術や化学療法が難しい場合も治療が可能
  • がんが進行した場合の辛い症状(痛みや狭窄、出血など)の改善にも有効
  • 外来通院で治療が可能

鳥取大学附属病院放射線治療棟は、定位放射線治療(いわゆるピンポイント照射)、強度変調放射線治療(IMRT)や画像誘導放射線治療(IGRT)が可能な高精度放射線治療装置(リニアック)2台と、高線量率密封小線源治療(ラルス)、前立腺癌小線源治療(シード治療)などの装置を保有しており、全国的にも高い水準を誇っています。 また、甲状腺疾患等のアイソトープ治療(内用療法)専用室も完備しており、色々な疾患背景の患者さんに最適な放射線治療を提供する体制を整えています。先進医療と地域医療が調和する鳥大病院の放射線治療部門として、よりよくなおる放射線治療を提供していきます。また当院は、鳥取県がん診療連携拠点病院として鳥取県内のがん診療の連携の中核を担う責務もあります。県内のがん診療の専門医や放射線治療部門とのネットワーク作りを進めて参ります。

大学病院は先進的医療の現場であるとともに、学生・研修医等の医学教育の場であり、医学研究の場でもあります。質の高い臨床研究の推進のため、日本放射線腫瘍学研究機構登録施設として複数の多施設共同研究に参加しているほか、放射線治療の精度向上や治療効果予測に関する研究をおこない情報発信しています。 一方で、放射線治療の需要増加に比べ、放射線治療の専門医は、全国的にも大変不足しています。 一人でも多くの患者さんに良質な放射線治療を提供するため、放射線治療医の育成が急務です。 放射線治療という新しい領域で、がん医療のために活躍したいかたを広く募集しています。出身大学、男女を問いません。放射線治療は、女性医師のさらなる活躍が期待されている領域でもあります。女性患者さんを多く治療するうえ、体力的ハンディが少なく出産育児などのライフイベントとの両立をはかりやすいためです。

連絡先

問合せや施設見学を随時受付中です、お気軽にご連絡ください。

PAGE TOP