教室の理念

教室の理念

器官制御外科学講座 腎泌尿器学分野の教室理念です。

「人のために何かができる医療人かつ社会人の育成」

「人のために尽くす」、これは、本来すべての医師が持つべき最も基本的な精神です。この「人」というのはもちろん患者様を指すものですが、さらに同僚医師やコメディカルを含めたチーム医療スタッフ全員をも含めたいと思います。すなわち、医師である前に成熟した社会人を育成することも教室の使命であると考えています。この理念のもと以下のキーワードを掲げ、診療、研究、教育のバランスがとれた教室を目指しています。

協調と切磋琢磨

教室内の和を大切にし、かつ切磋琢磨することができる教室

自由

自由に発言が出来る環境で、年功を問わず建設的な意見には耳を傾ける教室
個々の特性に応じ、個性や長所が伸ばせる教室

連携

「見える化」を図り、学内外の分野・診療科・地域医療機関と連携を行う中で、常に新しい風を取り入れる教室

誇り

生涯にわたる信頼関係で結ばれ、誇りと気概に満ちた医師が集う教室

教室の理念_教授

鳥取大学医学部
腎泌尿器学分野 教授

武中 篤