学生・研修医の皆様へ

鳥取大学泌尿器科専門研修プログラム

鳥取大学泌尿器科専門研修プログラムについてのご案内です。

I.プログラムの名称

鳥取大学泌尿器科専門研修プログラム 

 詳細はこちらです(PDF)

II.プログラムの目的と特徴

鳥取大学附属病院泌尿器科ならびに関係病院において後期研修を行い、「泌尿器科専門医」を養成する研修プログラムである。本プログラムの目的は、専門的な能力(知識、判断力、技術)はもちろんのこと、科学者としての探究心、そして人間性を兼ね備えた専門医を養成することである。
鳥取大学附属病院においては、先進的低侵襲手術の経験が可能である。特にロボット手術については全国に先駆けて導入を行い、その術式についても海外のトップクラスの施設と連携し改良、確立に取り組んでいる。まさに、山陰にいながら世界最先端の技術が習得可能である。疾患別には悪性腫瘍、排尿障害、尿路結石、女性泌尿器、尿路感染症、男性不妊症などを幅広く扱っており、それぞれの領域を専門とする指導医の下で研修を受けることができる。将来的には泌尿器科専門医のみならず、がん治療認定医、泌尿器腹腔鏡技術認定医など、subspecialityの専門医の取得も可能である。
関連施設においては開腹手術、エンドウロロジー、ESWLなどの手術や、血液透析、腎移植をより多く研修する機会が得られる。また、多くの患者様と触れ合う中で、患者様から学ぶという姿勢や医師としての高い倫理観を身につける。

本プログラムは、2年間の卒後臨床研修を終了した後に泌尿器科専門医をめざす医師のための4年間の臨床研修プログラムである。この間、大学病院および関係研修病院におけるローテーションによって社会の要請にこたえることのできる泌尿器科専門医を育成する。

III.プログラム指導者と参加施設の概要
基幹施設

鳥取大学医学部附属病院泌尿器科

診療拠点病院

松江市立病院、松江赤十字病院、山陰労災病院、米子医療センター、鳥取赤十字病院、鳥取県立中央病院、姫路赤十字病院、神鋼記念病院、兵庫県立尼崎総合医療センター

地域中核病院

浜田医療センター、松江生協病院

研修病院は、すべて日本泌尿器科学学会認定泌尿器科専門医制度教育指定病院である。これら関係研修病院と鳥取大学病院はリンクした形で研修の場を提供する。診療拠点病院は、一定の期間ごとに評価し見直しを行う。

専門研修プログラム管理委員会

委員長
鳥取大学医学部附属病院 科長 武中 篤

委員

松江市立病院 科長 瀬島健裕
松江赤十字病院 部長 小海 力
山陰労災病院 部長 門脇浩幸
米子医療センター 診療部長 高橋千寛
鳥取赤十字病院 部長 小野孝司
鳥取県立中央病院 部長 磯山忠広
姫路赤十字病院 第一部長 小川隆義
神鋼記念病院 部長 山下真寿男
兵庫県尼崎総合医療センター 部長 山田裕二
浜田医療センター 部長 盛谷直之
松江生協病院 部長 塩野 学

 

 上記以外でも臨床研修医の受け入れのある場合は、その施設の長に適宜参加を委嘱する。管理委員は、原則として診療拠点病院の長により構成されるが、臨床研修医の受け入れなど一定の評価項目により委員長が最終的に選定する。

関連施設図
IV.プログラムの管理と運用

プログラム管理委員により専門研修プログラム管理委員会が構成され、各年度の終わりに定例委員会を開催して、その年度の研修医の評価を行なうとともに、研修プログラムの再検討をする。評価は、自己ならびに複数の指導医による評価表に基づく。また、必要に応じて随時研修評価委員会を開催する。

V.定員

大学を含めた研修病院の状況に応じて毎年定員を決定する。定員を越える希望者がある時は、専門研修プログラム管理委員長が面接して最終的に採用者を決定する。

VI.研修課程
研修 I:鳥取大学医学部附属病院での研修(2年間)

泌尿器科診療一般における基本的な知識と技術、医師として必要な態度を修得する。腫瘍、生殖内分泌、尿路感染症、腎不全、排尿障害、勃起障害(ED)など泌尿器科全般にわたって症例を経験することができる。さらに、泌尿器科腹腔鏡手術など高度先進医療の知識、技術を修得することができる。また、大学は臨床研修をしながら研究的な思考を養う絶好の機会でもある。原則として、4年間の研修において研修Iは必須である。

研修 II: 関係病院での研修(2年間)

診療拠点病院および地域中核病院(地域連携病院も可)において、泌尿器科診療一般における知識や技術を習得する。同一施設での最短期間は1年とする。


VII.研修内容と到達目標
1.研修内容

【診療上の責任分担・指導システム】
入院患者の診察に当たっては、原則として各臨床研修医に1人の指導医が付く。したがって指導医との共同責任において患者の治療にあたり、研修の初期には過大な責任が臨床研修医にかからないように配慮する。指導医は、各臨床研修医ができるだけ多くの代表的泌尿器科疾患を体験できるように配慮しながら、診断、治療方針などにつき大局的な指導を行う。

【回診・カンファレンス・抄読会】
臨床研修医は、回診の際の担当患者の病状説明を的確に行えるように準備する。カンファレンスにおいては、主治医ごとにすべての入院患者の病状経過を報告する。 また、術前入院患者及び入院外来の問題症例についてのカンファレンスを行なう。週一回、全員参加の抄読会を行う。

【外来での業務】
初診、再診及び特殊外来の陪診、尿検査、膀胱鏡検査、X線検査、超音波検査、膀胱機能検査などの業務を均等にローテーションする。

【病棟での業務】
入院患者の検査、治療は指導医とともに計画をたてて実行する。カルテ記載、検査指示、薬剤処方を行う。内視鏡検査、各種X線検査などの泌尿器科学的医療的技術については、指導医のもとで技術を習得し、指導医の責任下で実施する。

【学会発表・論文作成】
指導医の助言を得ながら、学会発表(症例報告を含む)を行い、必要な知識や情報を収集する。また、学会発表した症例や研究は、論文として報告する。

【学会・研究会参加】
各種学会・研究会には積極的に参加する。指導医は業務の調整などを行い、その参加を支援する。

【施設見学】
研修医が希望した場合、指導医は関係施設間での臨床見学等について便宜を図る。特に、セルフチェックにより自施設のみの研修では研修プログラム内容に不足が出ると思われる際には、指導医はこれを推奨する。

2.到達目標

専門研修では、それぞれ医師に求められる基本的診察能力・態度(コアコンピテンシー)と日本泌尿器科学会が定める「泌尿器科専門研修プログラム基準 専攻医研修マニュアル」にもとづいて泌尿器科専門医に求められる知識・技術の修得目標を設定し、その年度の終わりに達成度を評価して、基本から応用へ、さらに専門医として独立して実践できるまで着実に実力をつけていくように配慮します。

 

VIII.評価方法

研修開始に当たり、専攻医には研修記録簿を配布し、自己評価を含む評価欄に記載させることにより自身の評価を行わせる。指導医は研修記録簿を随時点検し、適切な実施数を経験できているか確認する。1年間の研修終了時には到達目標達成度報告と経験症例数報告を指導医に提出し、指導医は内容を確認し評価した上で履修状況の確認をする。なお、年度毎に研修プログラムと研修体制や指導医に対する評価も行ってもらう。