学生・研修医の皆様へ

研修医の一日

研修医の一日のタイムスケジュールをコメントとともにご紹介します。

弓岡徹也医師の一日

私は初期臨床研修を修了し、現在、鳥取大学泌尿器科に入局した弓岡です。

今回は、一日の診療を書かせて頂きます。

07:00〜

カルテチェック・回診

朝の7時半から病棟で担当患者様のカルテチェックを行い、毎日8時から回診を行います。回診が終われば、化学療法の点滴の確保等、病棟での業務を行います。

カルテチェック・回診

09:00〜

外来診療・処置

9時からは外来診療が始まりますので、泌尿器科外来に向かいます。 基本的には昼まで外来で処置を行います。泌尿器科の処置は、超音波検査、膀胱鏡検査、尿道カテーテル交換、注射、膀胱内注入、ステント交換と多種多様の処置があります。膀胱鏡検査、ステント交換は指導医の先生とともに行なっております。

外来診療・処置

午後〜

病棟業務・手術

午前中の外来診療が落ち着けば、午後からは病棟業務を行います。入院患者は6−10人で、術前のICなどを中心に行います。

手術日は水、木、金となっており、手術日は担当患者様の手術に入ります。平均で週に2つの手術に入ることとなります。経尿道的手術では、術者として指導医のもとで施行し、ロボットなどの鏡視下手術の場合は、第3、4助手として術野に入り、手術手技の勉強を行います。閉創などの縫合は指導を受けながら施行します。

病棟業務・手術

17:00〜

病棟カンファレンスetc

カンファレンスは週に2回、火曜日の午後5時から病棟カンファレンス、金曜日の午前7時30分からは術前カンファレンスが行われます。また、2週間に1回はda Vinciカンファレンスがあり、ロボット支援下の手術に関して他科の先生とともに術後検討会、術前検討会をおこなっています。また、2ヶ月に1回で病理カンファレンス、副腎カンファレンスを行なっております。

病棟カンファレンスetc

19:00〜

業務終了・勉強時間

日常の業務が終了するのは午後7時くらいでその後は自分の勉強時間となります。その間は、手術についての勉強、地方会等の学会での発表の準備などをしております。

食事は指導医の先生と外食したり、弁当を食べたりしています。帰る時間は特に決まりはありません。

また、待機が月に数回ありますが、病院当直はありません。泌尿器科は待機ですので待機日でも家に帰ることができ、呼び出しがあれば病院に来るといった形になります。 週末ですが、9時から病棟回診があり終われば帰宅するようになっています。

以上のように曜日によって行なっていることは様々です。手術もあるため、メリハリのある日常で、忙しくも充実した生活を送っています。

業務終了・勉強時間