トップ  >  研究  >  先端技術  >   da Vinci

da Vinci

咽喉頭癌のロボット手術

当科では、日本に先駆け咽喉頭癌に対して、ダヴィンチと呼ばれる手術支援ロボットを用いて経口的に咽喉頭癌切除術を行っています。近年、本手術は海外ではtrans oral robotic surgeryと呼ばれ、積極的に行われるようになっています。本手術は、口の中にロボットのカメラとアームを挿入し、外から切開することなく手術を行います。同じ部屋にある操作台から術者が、人間の手の変わりとなるロボットアームを操作し手術を行います。
口の中から手術を行うことにより(経口法)、放射線治療では障害をうけてしまう嚥下機能や唾液分泌機能などを温存することが可能となりました。また、経口法の手術の中でも、ロボット手術は従来の内視鏡手術に比較し、3次元モニターや術者の手ぶれ防止機能や鉗子の操作性の格段の向上により、繊細で正確な手術が可能となりました。
なお、現時点では早期の咽頭癌(T1,2)でリンパ節転移を認めない方を適応としております。

咽喉頭癌のロボット手術

担当:藤原和典